別冊☆21世紀幸せ節約ネット生活 節約しながら美と健康、笑顔と幸せ、ついでにお小遣いも手に入れる。 これが21世紀の新節約スタイル!   

燃やせ節約魂!目指せ節約王!★21世紀幸せ節約ネット生活ブログver. こっそり新登場~★ 今回のテーマは一石三鳥節約!+なんでもかんでも誰でもかれでも大開運!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

やさし~い風水入門講座

風水は、めっちゃ良いことがある!
だって私自身ががっつり体験したんだもん!

というわけで、風水入門講座の始まりだ!
風水ってなんぞや?って方は是非一度お読み下さい。

生活の中に取り入れれば、きっと何かが変わり、
きっと何か良いことが起こるはずです。
金運アップならお任せです。お楽しみに!


風水とは

風水とは古代中国で生まれた環境開運学です。
言い換えれば「気」のエネルギーを利用した「気の学問」「気の科学」

部屋のインテリア、アイテム、方位、建物などに風水を取り入れることにより、
気の流れ、バランスを整え、開運に導きます。

日本でも昔から風水は盛んで、京都の平安京は
風水のパワーを取り入れた風水都市として有名です。

風水は中国の「陰陽五行思想」が基になっています。

「陰陽」というのは、、物事は全て陰と陽に分かれている。
これらはお互いに対立しながらも同時に依存しあっている関係。

この考えから、古代中国では物事を全て「陰」と「陽」に分けました。

例えば、太陽と月、奇数と偶数、プラスとマイナス。
男と女、光と影、夏と冬、といった具合に。

陰と陽は二つの気が調和することで自然界の秩序が保たれます。
どちらか一方だけでは決して成り立ちません。

そして五行とは、
万物は、木、火、土、金、水(もくかどごんすい)という
五つの要素で成り立っているという考え方です。

この五行の相互間には、
相性が良いとされる相生(そうじょう)
相性が悪いとされる相剋(そうこく)があります。

相生(そうじょう)
木は火を生じる(木は火で燃えます)
そして火は木があってこそ燃え上がることができます。

火は土を生じる(燃えた火は灰となり土にかえります)
そして土は火を中和します。

土は金を生じる(土から金が生み出される)
金は水を生じる(金の表面から水が生まれる)
水は木を生じる(水は木や花を育成する)
木は火を・・と、これらは永遠に循環し続けます。

相剋(そうこく)
木は土の中の養分を奪い、土は痩せていく。
土は水を吸収してドロドロに。水は濁ってしまう。
水は火を消す。
火は金属を溶かしてしまう。
金属は木を切り砕く。

相克は相乗と逆で、お互いのバランスが崩れます。

風水では、この陰陽五行思想を生活の中に取り入れ、
自ら積極的に幸せを呼び込みます。

これは「占い」や「おまじない」「神頼み」とはまったく別物です。

風水は怪しい事をするわけではなく、おかしな思想でもなく、
古くから伝えられてきたツキを呼び込む「生活の知恵」「学問」なのです。

生まれ持った宿命というものは変えられないのかもしれませんが、
風水を取りいれ、運命を切り開くことはできると、私は思います。

私は風水を実践してから、本当に運が開けたのか、金運がアップしたのか
なんてことは正直、全然わかりません。
わからないというか、証明できないので何とも言えません。

何かの記事では
「日本で行っている風水はでたらめだ。本場とはまったく違う」
なんてことも書いてありました。

ですが、私の考えや習慣は驚くほど変わり、欠点も改善されていきました。
確実に「ツキ」はやって来ています。
そしていつも気持ちがすがすがしく、とても気持ちが良いのです。
お金の巡りは確実に良くなってる気がしますよ^^

本当は効果が無かったとしても、「風水やってるから大丈夫」「幸せだ」という
プラスの気持ちになれるのなら、それは効果があるのと
同じことではないでしょうか?なんか毎日いいことありそうですよ^^

自分にとって都合の良いことはとりあえず信じてみる。
その方が人生面白い、ってのが私の考え方です。

是非あなたも運気アップの為の努力をしてみませんか?
今より確実に生活がハッピーになりますよ!

では次頁からは実践編だ!

※私は風水については素人です。情報が正確で無い場合もありますし、
風水師、本によっては実践や解釈の仕方が違う場合もありますのでご了承下さい。


~おすすめBOOKS~

幸せになる!風水の間取りとインテリア
私が生まれて初めて読んだ風水の本です。
この本がきっかけで不覚にも風水の虜になってしまいました。
イラスト付でとてもわかりやすい本です。
風水のことを全然知らなくても、「あー、ここにコレを置くといいのかぁ」と
気軽に実践してみたくなります。
引越し前に読んだので、引越し先では完璧に風水仕様な部屋になりました。
これはホントにおすすめの一冊です。


| ▼開運コラム | 21:57 | comments(-) | trackbacks(-) | ▲一番上に戻る

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>