別冊☆21世紀幸せ節約ネット生活 節約しながら美と健康、笑顔と幸せ、ついでにお小遣いも手に入れる。 これが21世紀の新節約スタイル!   

燃やせ節約魂!目指せ節約王!★21世紀幸せ節約ネット生活ブログver. こっそり新登場~★ 今回のテーマは一石三鳥節約!+なんでもかんでも誰でもかれでも大開運!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

食費サバイバル ー完全版ー

他の人々は食わんがために生き、己自身は生きんがために食う。
                                 ー ソクラテス


ビンボー人はお金が無い。
しかし食べなければ・・・

そんな時、カップラーメンとおにぎりを・・・
買っちゃダメだーーッ!

お金が無い時でもしっかり栄養は摂る。
おいしく栄養を摂る。短時間で摂る。健康に生きるために。

素敵な節約レシピなんぞは
他の節約サイト様に任せておけばいいのだ!

我がサイトではあくまでも生き残りを賭けた、
料理せずに短時間ですぐに食べれる
節約栄養満点食材をご紹介するッ!


節約食材その1 卵

栄養たっぷりの完全無敵の栄養食品。
朝食に卵かけごはんを食べれば最強です。

卵は体内で作ることができない「必須アミノ酸」が
しっかり含まれています。毎日しっかり食べましょう。

・卵を食べると免疫力、体力がアップして風邪をひきにくくなるよ!
・卵は生活習慣病の予防、美肌にも効果あり!
・疲れやストレスの解消にも役立ってくれます。実は脳の活性化にも効く!
・卵は意外な事に「レシチン」の働きでコレステロールが下がります。

<主な栄養素>
たんぱく質
カルシウム

ビタミンA D B1 B2

唯一ビタミンCが含まれていないので、
他の食品でしっかり摂りましょう。

・ちなみに卵の色によって栄養が違う気もしますが、実は関係ありまへん!
・ちなみに卵かけごはんに普通の醤油ではなく、コチラをかけると
神がかった最高の卵かけごはんに変身します。超おすすめ!


節約食材その2 キャベツ

キャベツは安くて栄養のある素晴らしい食材。
毎日摂りたい野菜です。
ビタミンU(キャベジン)が胃潰瘍、十二指腸潰瘍を予防、改善してくれます。
腸内環境を整えて便秘の解消にも。整腸作用あり。

ビタミンC、食物繊維の含有量が多く、風邪の予防や美肌にも効果的。
ビタミン類は熱に弱いので生で食べるのがおすすめです。
水で洗いすぎるとビタミンも流れるので気をつけて!

私はキャベツをバリバリと手でちぎり、さっと水にかけて
そのままムシャムシャと食べております。
キャベツは噛んでると、すごく甘味が出てくるので
何もかけなくてもおいしいのです。

食前にキャベツを食べると結構お腹がふくれてダイエットにもいいですよ。
食べ過ぎを防止する「食前キャベツダイエット」は結構有名ですね。
低カロリーなのでお腹が空いたらキャベツがおすすめ。

キャベツは消化を助け内臓脂肪を減らす効果があります。
とんかつとキャベツはよく考えられたコラボなのですね^^

<主な栄養素>
ビタミンC、A、B1、B2、C、E、K、U
ナイアシン
カルシウム
リン

カリウム
マグネシウム

キャベツのビタミンCはキャベツの芯の周り、
外側の葉に多く含まれていますよ。
キャベツは健康にとても役立つ、あなどれないお手軽野菜なのです。


節約食材その3 じゃがいも

じゃがいもはナント、ビタミンCの含有量がみかん並みなのです。
しかもでんぷんに守られたビタミンCは熱しても壊れにくい。
だから料理してもビタミンCはしっかり摂れるのだ!

私のじゃがいもの食べ方は簡単。
・じゃがいもをしっかり洗います。
・キッチンペーパーで拭いて何枚かでくるみます。
・3~4分ほど電子レンジでチンします。
・少し冷めたらほくほく食べます。

どうですか?めっちゃ簡単でしょう?
え?味付け?んなもんいりません。
色々試しましたけど、そのまま食べるのが一番おいしい。
慣れたら本当にそう思いますよ^^

じゃがいもはカロリーが同量のごはんの半分程度なので
ダイエットにも最適。小腹が空いたらじゃがいもだ!

※じゃがいもの芽や緑色に変色した皮は
体に良くないのでしっかり取り除こう!

<主な栄養素>
ビタミンC、B1、B2
食物繊維

カリウム

じゃがいもはガンや高血圧・心筋梗塞などの成人病の予防、
美肌に効果あり。整腸作用や高血圧、貧血の予防にも効果ありの
栄養満点な食材です。

節約食材その4 トマト

トマトのリコピンは体内の活性酸素を退治してくれる
素晴らしい成分。老化を防ぎ若返り効果が期待できます。

さらにトマトは過剰な塩分、有害物質を排出してくれますし、
高血圧の予防にもなります。ガン予防にもトマト!

<主な栄養素>
ビタミンA、B6、C、E
リコピン
カルシウム
カリウム
食物繊維


トマトは腸内環境を整え、肌荒れを防ぎ、
肌に張りを与えます。血液の浄化作用も!

トマトは美を追求する女性の方には必須の食材です。
もちろんワイのようなおっさんでも可。


節約食材その5 納豆

納豆は毎日食べたい素晴らしい食品です。
納豆には納豆キナーゼという酵素が含まれており、
ガン予防、血液サラサラ効果があります。
納豆で生活習慣病を予防しましょう。

そして納豆のネバネバの正体「ムチン」は
肌の若返りを促進、潤いのある肌へと導きます。スゲー

納豆には食物繊維が豊富でレシチンも含有。
便秘や肥満を解消し、細胞の働きを活発にしてくれます。
まとめると、、美容効果がスゴイ!ってことです^^

他にも納豆は体の疲れ、肩こりを解消し、
骨を丈夫にしてくれます。
安くて物凄い効果を秘めた納豆を食べないなんて、
実にもったいない話です。

納豆が嫌いな人は
卵かけごはんに混ぜて食べてみるとか、
キムチを少量入れてみる、
ふりかけをかけてみる、
ねぎと刻みのりを混ぜてみる
好きな揚げ物などといっしょに食べてみる、
など色々とチャレンジして克服してみて下さい。

上記の方法は納豆大嫌いを克服するために
実は私が試した方法です^^
今では普通に食べれます。むしろ納豆大好き!

<主な栄養素>
ビタミンB6、B2、K

パントテン酸
葉酸
食物繊維
マグネシウム
たんぱく質

亜鉛
カリウム
リン

納豆さえ食べれば今日一日は大丈夫!
って安心できるほどの栄養素。
朝から卵といっしょに食べれば無敵になれるでしょう。

節約食材その6 キムチ

キムチといえば乳酸菌。これでお腹の健康は安心だ!
キムチといえば唐辛子。脂肪燃焼、消化作用を促進だ!
他にも体温を高めたり、体の抵抗力も高めてくれるゾ!

キムチにはビタミンたっぷり。
キムチが発酵すると別のビタミンが誕生。スゴイ!

キムチの材料の中に含まれるタウリンは
コレステロールの減少や視力回復に効果があり、
ニンニクには中性脂肪を減らす効果が。

疲れた時にはキムチ。
パワーアップしたい時にはキムチ。
一日のまとめに栄養満点のキムチを!
キムチは朝食べると口臭が気になるからね!

<主な栄養素>
ビタミンA、C,E、K、B1、B2、B6
ナイアシン
葉酸
パントテン酸
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

亜鉛

マンガン

腸が弱い方、腸の健康を考えている方は
キムチを積極的に食べましょう♪


節約食材その7 バナナ

朝食にはバナナ!には意味があります。
栄養たっぷりでエネルギーが長時間持続すること。そして
脳が活性化され集中力が増すので朝食べるのが最適なのである。

バナナは食物繊維が豊富で整腸作用があります。
そしてバナナは「むくみ」や「冷え」にも効果的。
バナナに含まれるカリウムが余分な塩分を排出してくれるのです。
過剰な塩分は成人病の可能性もあるのでバナナで予防しましょう。

他にもバナナはイライラを鎮めたり美肌効果、
目の疲れにも有効です。
気軽に食べれるのでダイエットにも最適。
小腹が空いた時にはカロリーの低いバナナを1本ゆっくり食べましょう。

バナナが98円で売っていると、それはもう、飛びつきます^^

<主な栄養素>
ビタミンC,B6

カリウム
マグネシウム
葉酸
炭水化物
パントテン酸


節約食材その8 ひまわりの種

ひまわりの種については美と健康生活の
ハムスターは凄かった!をご覧下さい。


節約食材その9 焼き海苔

焼き海苔については美と健康生活の焼き海苔が凄かった!をご覧下さい。


ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村

| ▼節約生活 | 22:03 | comments(-) | trackbacks(-) | ▲一番上に戻る

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>