別冊☆21世紀幸せ節約ネット生活 節約しながら美と健康、笑顔と幸せ、ついでにお小遣いも手に入れる。 これが21世紀の新節約スタイル!   

燃やせ節約魂!目指せ節約王!★21世紀幸せ節約ネット生活ブログver. こっそり新登場~★ 今回のテーマは一石三鳥節約!+なんでもかんでも誰でもかれでも大開運!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

僕にその手を汚せというのか

ある朝、俺は満員電車に揺られていた。

窮屈な空間は意味もなく俺を
苛立たせる。

隣の金髪女はとてつもない速さで
メールを打つ。

操作音が耳について仕方がない。
早く送信しやがれ。

目の前の少年は音漏れスゴイ。
何を聞いてるのしらんが、周りの迷惑を考えろ。

ハゲのおっさん、
広げた新聞が邪魔だぜ。

まったく、どいつもこいつも
マナーが悪すぎる。

朝は何もかもが消えてなくなればいい、
そんなことを、

これっぽっちもワイは思ってないよ~~ん。

だって俺は今から仕事ではなく、
デートだからだ!

まぁデートといっても彼女でも
なんでもないんですが。。

素敵な彼女は24時間痛いほどに
募集中です。ちくしょう。

目的地まではまだまだ時間がある。
でも仕事じゃないから苦にはならない。

今日は何して遊ぼっかなぁ。
ニヤけ顔で思いを馳せていた その時、
悲劇は突然俺を襲ってきた。

(あれ?なんかめっちゃ腹痛い。。)

まさかの角度からの攻撃。
予想などできるはずもなく、 いきなり俺の腹は激痛に襲われた。

(え、うそっ!?もう我慢できへん・・・!)

いきなりMAX状態。こんな地獄があるだろうか。

ヤバイ。これは非常にヤバイ。
本気で緊急事態である。

しかしここは電車。しかも満員。
トイレは存在しない。

次の駅までなんとか耐えるしか、
ってワオー!!

ここは次の駅までの距離が最もクソ長いといわれる
心臓破りの路線やん!何それ。

ダメだ、気が遠くなってきた。
冷や汗が流れ呼吸が乱れる。

なんやねんハゲのおっさん。
ワイの顔どんだけ凝視 すんねん。

つーかまさかアンタ、、気づいているのか?

顔面蒼白。こんなピンチ、
俺の歴史上まれである・・・

コキテー

(こきてー。1発でいいから屁をこきてー)

しかしッ!

そんなことをしたら毒ガス攻撃で
列車内が大パニックになってしまう。

大惨事になってYahoo!トピックスに
のるかもしれん。

・アホの関西人、放屁で列車止める

それだけはシャレにならん。
耐えろ俺のケツ。火を吹け、俺の腹筋。

それにしてもなんて長い距離なんだ、、
まだまだ駅には到着しない。

永遠に思える時は続いた。

(ぬぐぉ、、ケツが、ケツが震えてきおった~~)

クソったれーこうなったら門番を使うしかねぇ!
頼む・・これでなんとかもってくれー

◆お笑い豆知識◆

門番とは?

説明しよう。
門番とは肛門付近を守る特殊精鋭部隊。
襲い来るクソったれ野郎共を
くい止めてくれる頼もしい味方。

そんな彼らが助けてくれると考えることで、
気分的にリラックスし、
お腹の痛みを和らげる画期的なイメージング法。
お腹が弱い秋さん(変人)が学生時代、授業中に考案した。


落ちつけ。落ちつくのだ。
俺は深呼吸しながらイメージを繰り返した。
頼む頼む・・もうなんとか頼むー!おさまれ~

するとどうでしょう。
次第にお腹の痛みが消えていくでは ありませんか!
って腹痛には波があるのだ。ご存知?

(いける・・・!これなら次の駅までなんとかもつかも)

少しリラックスできた俺は
ハゲのおっさんを見つめ返した。

おっさんは「よくやった」的な顔をした。んなアホな。

その時、アナウンスが流れた。

「次は~○○~」

よっしゃー。待ってたぜ~ それにしてもこの車掌
なんちゅう声やねん。笑いがまきおこっとるがな。
しかし俺は笑わない。笑えない。それどころではない。

そして、、遂に天国の扉は開かれた。
あとはトイレに駆け込むだけだぜ!

と思ったら、、ヤバイ。走れん。
ちょっとでも腹にショックを与えると危険である。
ゆっくり、ゆっくり俺はトイレを目指した。

階段を下りるとトイレが見えた。
助かった~心の底から安心感があふれてくる。

ここのトイレめっちゃ綺麗やん。
そんな余裕さえ、、

しかし、、またもや悲劇は訪れた。

トイレットペーパーないやん!ズコー
なんでやねん!これほど激しくツッコミ(基本形)を
入れたのは何年ぶりだろう。

隣は、、誰か入ってるやん!ちくしょう。
これはシャレにならない。もうあかん。。

あ!そういや入り口にティッシュの自販機があったな。
助かったぜ!・・・だがしかし、、小銭がねぇ!
札は、、使えねぇ!もう、あほかー

こんなことってあるのだろうか。
いい加減にせんとマジで泣くぞ。うわーん

もはや限界を超え、笑顔さえ浮かべた俺は
微妙に遠い売店を目指すことにした。ちくしょう。

ぐふ!またとてつもない痛みが襲ってきた。急がねば。

「あはぅ」 自分でもわけのわからない声がもれる。
急いで、でも歩いて急いで、、見えたぜ売店!

「あの、すいません、、ティティッシュ、ください、、」

その時売店のおばちゃんがニヤリとしたのを
俺は見逃さなかった。

まさかアンタ、、気づいているのか?そら気づくわ。

恥ずかしさを隠し、ティッシュを受け取った俺は
走った!もう限界だ。余裕などどこにもない。
完全に走り方がおかしいが人ゴミをかきわけ走る!

今はどんな美女であろうと俺を止められやしない。
狂おしく神がかった俺はトイレに駆け込んだ。

そして、、長かった戦いに終止符を打った・・・

ヒャッホウ!なんという開放感。なんという爽快感。
生きてる。俺は神に感謝した。

少し寄り道してしまったが、まだ時間は間に合う。
気を取り直していざゆかん、約束の地へ!
扉を開けようとしたその時、素敵な音が聞こえた。

ぽちゃーーん

えっ?何か落ち、、うわーーーーい

落ちとる。ワイの携帯が便器の中に落ちとるがな !
なんてこと。なんてことなの。
こんなことって、もうワイ、まいっちんぐーー

完全に壊れた俺は携帯をティッシュで包み、
フラフラとホームに上がった。
携帯はまだ使えるようだ。意外と強いな。。

それにしても喉がカラカラだ。
脱水症状を起こしているのだろうか。

ホームの自販機はなぜか100円。
こういうのって妙にうれしいやん?
カラカラの時の炭酸って素敵やん?

チャリーン

・・・・あれ?
ジュースでてこーへんやん。

ちょっと!あ、お金も出てこーへんやん!

あかんやん!?

ベンチに崩れ落ちた俺は空を見上げながら考えた。
なんというツイてなさ。
しかしネタとしてはオイシイな。さすが俺様。

この後、デート相手が寝過ごして
1時間遅刻することを知るのはまだ先のことであった。完


| ▼笑ってはいけない日記 | 03:27 | comments(-) | trackbacks:0 | ▲一番上に戻る

TRACKBACK URL

http://21happy.blog.fc2.com/tb.php/39-bce50f78

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>