別冊☆21世紀幸せ節約ネット生活 節約しながら美と健康、笑顔と幸せ、ついでにお小遣いも手に入れる。 これが21世紀の新節約スタイル!   

燃やせ節約魂!目指せ節約王!★21世紀幸せ節約ネット生活ブログver. こっそり新登場~★ 今回のテーマは一石三鳥節約!+なんでもかんでも誰でもかれでも大開運!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

究極奥義「よかった探し」

「よかった探し」

それは究極にして最高の開運秘術ッ!
古代ギリシャでは、選ばれしシャーマン達がこ、、

って、実はそんな怪しげなものではないのです。
あ、わかってました?あれ?

「よかった探し」

それは名作「愛少女ポリアンナ物語」

ポリアンナが父に教わったプラス思考。素晴らしいゲーム。

ご存知でしょうか。
80年代に「世界名作劇場」として放映されたこの名作を。
なんと二部まであったんだぜ?え、聞いてない?

ストーリーを超簡単にご説明すると

ポリアンナは牧師の父と貧しい二人暮らし。

人形を欲しがる幼いポリアンナの為に、
父はある宣教使節の団体に

「古い人形で良いので送ってちょんまげ」
と手紙を書きます。

すると、、ある日ポリアンナに荷物が届きました。
ですが届いたのは人形ではなく、まさかの松葉杖。

「ズコーーー!なんでやねん!何をどうやったら人形が松葉杖になるのYO!
これ笑うとこ?笑うとこなんか!?団体潰したろかキェー」

と言わんばかりに泣き出すポリアンナ。
そんなポリアンナに父はこう言います。

「松葉杖がいらなくてよかったじゃないか。
お前は松葉杖を使わなくてすむ健康な体なんだから」と。

人形がもらえなかったことを悲しむのではなく、
松葉杖がいらない健康な体に感謝しなさい。父はそう教えます。

それからポリアンナは父と「よかった探し」という
ゲームを始め、貧しいながらも楽しく暮らします。

その後、お母さんに続いて
お父さんも亡くしてしまうポリアンナ。

それでも毎日幸せなこと、嬉しいこと、楽しいこと、
そして喜べることを探して前向きに生きるポリアンナ。
周りの人の「よかった」を一緒に考えてあげるポリアンナ。

どんな時でも「よかった」を探すポリアンナは、
不幸や悲しみの中でも幸せいっぱいに生きていきます。

ええ話や・・・涙が止まらないダニ・・・

ここで考えたいのは
「幸せって」って一体何なんでしょう?

どんな状態が幸せなのでしょう?
幸せってどこにあるのでしょうか?

私自身、長い間、幸せ探しを続けていましたが、
結局、幸せってものはどこかにあるものでは
ないと気付きました。

幸せは「なるもの」ではなく
幸せっていうのは気づくことなのです。

「気付き」については色々な本などでもよく言われてることですが、
本当にこれを理解した時、道が開けます。

誰の前にも幸せは転がってます。
いや、すでに幸せなはずなのです。

悲しいこと、つらいこと、苦しいこと、切ないこと。
生きてれば嫌なことはたくさんあります。
でも、考え方一つでそれは幸せに変身します。

もし、昔のように今から戦争が起こったらどうでしょう。

もし、目が見えなくなったら。
歩けなくなったら。

生きたくても生きれなくなったら・・・

ただ普通に暮らせることに感謝するんじゃないでしょうか。
今が幸せだったって気付くんじゃないでしょうか。
幸せというものは、不幸になって初めて気づく事が多いですよね。

ですから後で気づくのではなく、
今の状態で幸せを考えてみましょう。

私の大好きな本の一つに「名言セラピー」があります。

この中の名言に「100億円ほしい?」って話があるのですが、

あなたは100億円ほしいですか?
本当にほしいですか?

では100億円を差し上げましょう。

あなたの目と耳をくれたら100億円あげます。

どうでしょうか。
あなたならどうします?

これで本当に目と耳を差し出す人はほとんどいないでしょう。

「私たちは神様からいくらお金を出しても買えない物を
与えられているのです」

この話を読んだ時、よかった探しがスピードアップしました。
すでに私達は幸せなのです。ツイてるのです♪


誰の周りにだって「よかった」はたくさんあります。

どんな小さな事でもいいので、
ノートに「よかった」を書いてみて下さい。
時には無理やりでもいいです。

頑張って無理してでもプラスに考えていると、
本当にそれはプラスの事に変わっていきます。

まだピンと来ていない人には
バカバカしいかもしれません。

「よかった」なんて考えられないほど
苦しい状態かもしれません。

でも、、

私もそうでしたが、やれば本当に幸せになれます。
いや、なるものじゃないって言いましたけどね。

悩んでたって、落ち込んでたって
愚痴っても、無い物ねだりしても、事態は全く好転しない。

苦しい、つらいと泣いて叫んでも
祈ってみても、幸せはやってこない。
スネても無駄、悲しみから逃げても無駄、

それなら良かったと考えてみよう。
全てをプラスに受け取ってみよう。
無駄な抵抗はやめよう^^

私はそう思いました。

自分に今起きている現象、出来事を
「幸福」「不幸」「悲しい」「うれしい」と決めているのは
他の誰でもない、自分自身です。

だから決めるのです。
何が起こっても「よかった!ラッキー!」って。

ついでに幸せになる覚悟も決めましょう。

一度よかったモードに突入すると
「今日はどんな良い事があるのかな」
なんてプラスの期待しかしなくなります。

強制的に幸せと思い込むと
脳も幸せにならなくては!と考えるのかもしれません。

だからあらゆる現象が幸せだと感じる。
幸せに気付き始め、結果よかったと思えるのでしょう。

もう駄目だ、もう無理だ!って時も、どん底の時も、
ギリギリのところで「よかった探し」
はプラスの力をくれるのです。

一度気付きが始まれば、
今まで見えなかった部分が見えてきます。

そしていつか気づくでしょう。
生きてるだけで本当に幸せだと。

さぁあなたも、よかった探しの旅に出ませんか?
幸運の女神は、今の状況に感謝してる人に微笑むそうですよ^^


| ▼開運コラム | 12:47 | comments(-) | trackbacks(-) | ▲一番上に戻る

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>